筑波山梅まつりが始まった

2月25日(土)紅梅満開、白梅五分咲き

第44回筑波山梅まつり

2月25日(土)~3月20日(月・祝)

第44回筑波山梅まつり

筑波山イベントカレンダー



筑波山神社の紅葉 11月12日(土)

全国の花火師たちが腕を競う 第85回土浦全国花火競技大会

 全国の花火師たちが一堂に会し、優勝をかけてその技術を競う土浦の花火大会が10月1日(土)、開催された。秋田の大曲と並ぶ二大競技大会の一つである。スターマインの部、10号玉の部、創造花火の部の三部門に分かれており、質の高さ日本一を競い、華やかな芸術品2万発が夜空を彩った。
 打ち上げ時刻は18:00~20:30で、19:00を過ぎると大会提供のワイドスターマインが複数の場所から同時に打上げられ、その迫力は圧巻であった。例年の人出は約70万人、今年は85周年の節目の年、土浦駅から会場の茨城県土浦市佐野子 桜川河畔 学園大橋付近まで大勢の人出であふれていた。

第6回つくば美術展~きらめく~



今回のテーマは「きらめく」美術界で活躍するつくば市在住の作家18人による,日本画,油彩,彫刻など,ジャンルの壁を取り払ったつくば発の美術展を開催します。

内容

第6回つくば美術展チラシ表面

◇会期 平成28年10月4日(火曜日)から10月16日(日曜日)まで ※10月11日(火曜日)休館

 

◇時間 9時30分から17時まで(最終日は15時まで)

 

◇会場 茨城県つくば美術館(つくば市吾妻二丁目8番地,電話029-856-3711)

 

◇料金 入場無料

 

◇イベント

・オープニングセレモニー 10月4日(火曜日)13時30分から

 

・ギャラリーコンサート

10月9日(日曜日)14時から14時30分まで

出演 渡辺大輔(ケーナ),藤枝貴子(アルパ),寺澤むつみ(ギターほか)

入場無料

 

◇主催 つくば市,(公財)つくば文化振興財団

 

◇企画協力 アート・コアつくば

問い合わせ

第6回つくば美術展チラシ裏面

(公財)つくば文化振興財団 電話029-856-7007

筑波山地域ジオパーク

・・・・・・・・・<イベント案内>・・・・・・・・・・

1.?第2回 ウィキペディアタウン筑波山?参加者募集(10/30)

筑波山地域の日本ジオパーク認定を記念して、筑波山地域ジオパークの見どころ

を歩いて、ガイドから街の歴史やジオに関する情報収集し、ウィキペディア(インター

ネット上の事典)のページを執筆・編集するワークショップ?2回 ウィキペディア

タウン 筑波山?を開催します!

 今回は、歴史が残るつくば市北条、小田を井坂敦実先生(郷土歴史研究家)、

大関武先生(要小学校教頭)と廻る予定です。インターネットを通じて街の魅力

を発信したい方、ぜひご参加ください。

 

【日時】1030() 9:0017:00

【スケジュール】9:00筑波大学春日エリア集合バスでつくば市北条または

小田へ移動(2グループに分かれます)→10:0012:00街歩きをしながら

現地調査→バスでつくば市立中央図書館へ移動、昼食休憩→13:0016:00

ウィキペディア執筆・編集→16:0016:30成果発表→17:00解散

【定員】先着20名(高校生以上、応募多数の場合は抽選)

【持ち物】筆記用具、昼食(必須)

     ※あればパソコン/タブレット、デジタルカメラ、モバイルルーター

【参加費】無料 

【申込方法】住所、氏名(ふりがな)、生年月日、日中連絡の取れる電話番号を記入し、

107()までにEメールで

 ・一般の方は、筑波山地域ジオパーク推進協議会に、

  ・筑波大学生は、筑波大学の 関 洋平 准教授 宛に連絡して下さい。

【申・問】筑波山地域ジオパーク推進協議会

      E-mailgeo298@info.tsukuba.ibaraki.jp

     筑波大学 図書館情報メディア系 関洋平

      E-mail: yohei@slis.tsukuba.ac.jp

 

詳細については,協議会HPからもご覧いただけます。

http://tsukuba-geopark.jp/page/page000137.html

 

 

2.[桜川市]森普請プロジェクト参加者募集!(10/1)

  NPO法人地球の緑を育てる会主催の「森普請プロジェクト」の参加者を募集しています。森普請プロジェクトとは,森づくりの団体や行政などの各機関が連携して,「緑化の原点」への山道を整備するプロジェクトです。

 今回は,全国緑化運動の始まりである筑波山で開催されます。森林づくりの体験を通して仲間の輪を広げ,自然と共生してきた知恵を学び,豊かな環境を次世代に引き継いでいきませんか?

 

【日時】2016101日(日) 10001345

【活動場所】茨城県桜川市真壁町大字羽鳥鬼ヶ作国有林内

【集合場所】

くお車でお越しの場合>9:30セイコーマート真壁羽鳥店(桜川市真壁町羽鳥字石田823-1

く電車でお越しの場合>9:00つくば駅A4出口(階段を上った所)現地へ車で送迎します。

【用意する物】お弁当、飲み物、軍手、作業できる服装、雨具など

【スケジュール】

 1000…開会式(鬼ヶ作国有林内石碑入り口)

 1015…「全国緑化行事発祥の地」記念碑へ出発(約500mの道のり)

 1030…記念碑見学&午前作業

 1230…昼食 1330…作業開始 1530…作業終了

【活動終了後/BBQ&キャンピング】希望の方

 入浴:つくばウェルネスパーク 大人720円,子供410

 (住所:つくば市山木1562番地)

 BBQ:参加費4,000円 NPO法人地球の緑を育てる会圃場

 (住所:つくばみらい市狸穴字向長作1389

 キャンピング:テントの無い方2,250円 寝袋(シュラフ)は必ずご持参ください。

 テント持参の方1,000円(テントひと張り)

【申込方法】チラシの申込書を利用の上、ファックス(0297-57-1539)、メール

office@greenglobe.jp) 等でお申し込み下さい。

 

詳細については地球の緑を育てる会のHPをご参照ください。

 

http://www.greenglobe.jp/

3.筑ジオカフェin BiViつくば

 

 

筑波山地域のジオ(大地)の魅力を楽しみながら学びませんか?

筑波山地域ジオカフェ(通称『筑ジオカフェ』)では,お茶やお菓子をつまみながら,ジオに関する話を聞くことができます。参加費,申込み不要です。

 

【日時】第22回 105日(水)18:3020:00

     小池 渉 氏(ミュージアムパーク茨城県自然博物館 首席学芸員)

     「筑波山地域の花崗岩と斑れい岩を考える」

    第23回 1019日(水)18:3020:00

     遠藤 雅樹氏(雪入探検隊 隊長)

【場所】BiViつくば2階 つくば総合インフォメーションセンター 交流サロン

   (つくば市吾妻1丁目8-10 TXつくば駅前)

    http://www.e-bivi.com/tsukuba/index.html

 

 

4.産業技術総合研究所地質標本館内ジオツアー

 筑波山地域ジオパークに関する館内ジオツアーをジオネットワークつくばと

筑波山地域ジオパーク推進協議会の協催にて実施いたします。ジオパーク地域

の地質と関連地域の地質の解説,ジオパーク地域の映像展示や標本の解説を聞く

ことができます。予約不要,参加費無料ですので,ふるってご参加ください!

 

【日時】10/9(日)15:00

【場所】産業技術総合研究所 地質標本館(茨城県つくば市東1-1-1

    https://www.gsj.jp/Muse/

 

 

---------------------------------

 

筑波山地域協議会Facebookで随時情報を発信しておりますので,

「いいね!」ボタンを押して登録していただけましたら幸いです。

よろしくお願いいたします。

https://www.facebook.com/Tsukubageopark/

 

 

******************************************

 

筑波山地域ジオパーク推進協議会 事務局本部

(つくば市 ジオパーク推進室内)

  

  担 当:柴 原・伊 藤・亀 澤・杉 原

 

 305-8555

 茨城県つくば市研究学園一丁目1番地1

 電 話:029-883-1111(代表)

     029-883-1358(直通:年度ごとに変更されます)

 メール:geo298@info.tsukuba.ibaraki.jp

 

  ---

  祝!日本ジオパーク認定!

 筑波山地域ジオパークが誕生しました!

  〜筑波山地域ジオパーク推進協議会〜---

 

  

9月18日(土)、19日(日)

日本遺産認定記念

第3回成田伝統芸能まつりでガマの油売り口上を公演

〔まつりの概要〕
 9月17日(土)~18日(日)にかけて日本遺産認定記念「第3回成田伝統芸能まつり」が「運気上昇のまち 成田で出会う日本のまつり」のテーマの下、成田山総門前広場、成田山表参道及び成田市文化芸術センタースカイタウンホールを会場に実施された。



事業内容は、
  ステージイベント: 開会式、伝統芸能公演、路上パフォーマンス等
  パレード等    : 伝統芸能パレード、山車・屋台の展示・引き廻し
  観光物産イベント:
      日本遺産関連及び近隣市町・LCC就航地等観光PRコーナー、
      ご当地キャラ団体PRコーナー等
  体験イベント  :江戸の遊び体験コーナー(房総のむら)等 

出演団体
  県外(9団体)
      阿波おどり(徳島県) 
      仙台すずめ踊り(宮城県)
      秋田竿燈まつり(秋田県)
      球磨神楽(熊本県) 
      美の島唄(鹿児島県)
      ガマの油売り口上(茨城県)
      こんぴら船々(香川県)
      台湾伝統芸能(台湾桃園市)
      篠笛・香川良子(東京都)

  県内・市内 日本遺産関連・空港圏市町・その他県内団体(17団体)
      成田祇園祭(成田市)
      成田のおどり花見(成田市)、
      台方麻賀多神社獅子舞(成田市)
      山形花笠踊り(成田市) 
      天真正伝香取神道流(成田市) 
      北羽鳥香取神社獅子舞(成田市)
      西大須賀の神楽(成田市)
      沖縄伝統芸能エイサー(成田市)
      伊能歌舞伎(成田市)
      秋田西馬音内盆踊り(成田市)
      銚子はね太鼓(銚子市)
      おらんだ楽隊(香取市)
      佐倉囃子(佐倉市)
      久能獅子舞(富里市)
      東金ばやし(東金市)
      九十九里大漁節(九十九里町)
      白桝粉屋おどり(芝山町)
  
 (注) 9月18日は雨模様のためガマの油売り口上の公演場所は⑤千葉信用金庫前の広場に変更となった。他の芸能等の実施場所の変更状況は把握していない。

2016年9月9日

「筑波山地域ジオパーク」誕生!

 2016年9月9日、筑波山地域ジオパークが誕生した。9月9日、日本ジオパーク委員会から審査結果が発表され、筑波山地域は晴れて、日本ジオパークに認定されることになった。
              

  2012年8月の筑波山地域ジオパーク推進協議会発足以来、本地域の大地の遺産である関東平野、筑波、霞ケ浦の価値と魅力を検討・発信する活動を続けてきた。そして今年4月にそれぞれの活動報告を含む日本ジオパーク申請書を提出し、5月のプレゼンテーション審査を経て、8月23日から24日の2日間にわたり、審査員3名による現地審査が行われた。
 現地審査当日は、ジオガイドによる筑波山及び土浦、霞ヶ浦沿岸のジオサイトを案内したほか、ジオパーク活動の3本の柱である「保全」「観光」「教育」に拘るこれまでの取り組み等について、審査委員から協議会構成の6市の市長や事務局、各部会に聞きとり行われた。

日本ジオパークによる認定理由は、下記のとおりである。
「筑波山地域ジオパーク(茨城県) 
 筑波山地域ジオパークは、関東平野にそびえる筑波山、関東平野を構成する海成段丘や低地、日本有数の海跡湖である霞ケ浦に関するジオサイトを多く有する。前回審査において認定見送りとなったことを受けて、地域を代表する景観である関東平野、筑波山、霞ケ浦を軸とした新しいテーマを構築した。


 自治体を超えて住民同士が繋がったことで、保全活動がさらに活性化し、日本ジオパークネットワークにおける地域資源保全への貢献も期待される。また、広大な関東平野や筑波山の生い立ちについて考え、日本国内外の平野との相違に気がつくことにより、水害や地震といった災害に頻繁に見舞われる日本の平野で暮らすことを改めて意識できるジオパークとなることも期待される。
 最先端の研究機関との連携や研究学園都市住民へのジオパークの浸透が今後さらに進むことで地域資源の学術的価値の向上や、ジオパークで育った子供達が世界に羽ばたきジオパークを広めていくことも期待される。以上により日本ジオパークとして認定する。」
 

 今回、筑波山地域が認定されたのは、日本一の面積を持つ平野である関東平野を見どころの一つに入れたこと、市民や市民団体の盛り上がりが高まっていることが、高く評価された。まt、ジオサポーターズの登録数も2.239名(2016年9月現在)となり、サポーターズの応援が高まったことが認定に大きく貢献したようである。 

 筑波山地ジオパークの誕生により、筑波山地域ではつくば市、石岡市、笠間市、桜川市、土浦市、霞ケ浦市の6市による新たな広域連携と地域振興が始まる。

 なお、筑波山地域以外で新たに認定された地域は、箱根ジオパーク(神奈川県)、下北ジオパーク(青森県)、浅間山北麓ジオパーク及び鳥海・飛島ジオパーク(山形県・秋田県)である。 

新ジオサイト候補地の紹介

  小貝川と上郷地区